About this site 〜このサイトについて〜

ようこそ、YanYanYanへ

このウェブサイトは、元宝塚トップスター、現在は舞台で活躍中の女優、安寿ミラさんのファンサイトです。

このサイトはファンの一人である私、有子が個人的に製作しているサイトであり、 掲載内容等についての責任の一切は有子にあります。 安寿ミラさんご本人や所属事務所等と、サイト運営とは全く関係がありせん。
掲載内容についてのご質問・ご意見等は、有子まで お願いします。

なお、サイト内で使用している画像等は承諾を得て掲載しているものです。
二次利用等は固くお断りいたします。

製作者「有子」について

私がかくもYanさんにはまったのは1996年の春のこと。

お腹の中には長女有佳子、ひどい妊娠悪阻で入院をし、退院後は実家にてほとんどの時間をトイレで過ごしていた。 気晴らしに歌舞伎でも・・とつけたビデオ、そこに映し出されたのはなぜか仁左衛門ではなく、Yanさんだった。そして私は見事にはまったのです。この人は だれ? しかし、残念なことに1年も前に退団されていた。。もう観ることはできないの?

けれどYanさんは舞台を続けてくださって、ディナーショー(GENESIS)には大きなお腹ででかけて行きました。 私は息をするのも忘れてしまって、お腹の中の有佳子にけっ飛ばされ、あわてて深呼吸をして。
その年の11月の終わり、元気なかわいい女の子が誕生、有佳子と名付けました。 いつか、この子と一緒にYanさんの舞台を観ることが夢でした。 それなのに・・・

有佳子は悪性脳腫瘍に冒され、1年3ヶ月という短すぎる命を終えました。 たった4日間の闘病。なんで気が付いてやれなかったのか。人見知りが激しく、私から離れようとしなかった有佳子、こんな小さな命、一人でかえすわけにはい かない。 絶望の中、 あの子の後を追いかけていくことだけが私の憧れ、夢でした。

ちょうどその頃、Yanさんは「YOURS」の舞台真っ最中。 私の様子を心配してくれた友人に誘い出され、出かけて行ったのです。

二度とあの子と一緒にYanさんを観る日はこない。 隣にあの子がいることはないのだ。 でも・・・
確かにあの子はここにいた。大好きなYanさん、そしてその後ろにあの子と過ごした短い日々が確かに存在したんだ。 mamaはここで精一杯生き、それからあなたに会いに行こう。そうでなければあなたは許してくれないだろう。あなたを取り戻し、ここで生きて行くことが私の選択。舞台のYanさんにそう教えてもらいました。

あなたの妹、里佳子の誕生。離婚。そして度重なる大病。潰瘍性大腸炎そして脳梗塞。半身不随となり、立ち上がることはおろか、自分のことが自分でできなくなる辛さ。1歳を過ぎた里佳子と離れ、病院での生活。私に許された子育ては1歳までなのか・・・。

回復は困難と誰もが言う中、家族に支えられ、Yanさんの存在とここに集う友人たちに支えられ、私は健康を取り戻し、現在の幸せな日々を手に入れたのです。

>> 有佳子のサイト、GAOGAO LANDはこちら

 

 

この場所が、私を含め、
たくさんのYANさんファンの方々の
楽しい場所となるよう、
協力をお願いします。